読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ignorant of the world -散在思考-

元外資系戦略コンサルタント / worked for a Global Management Consulting Firm in Tokyo

元DI納家さんとの飲み会に行ってきた。

yo4ma32008-01-26
最近、就活tips書き始めてから、どうも堅くてキモイ文章になってるので、今日は柔らか目で。論文書きながらだとダメですね。
このブログでも何度か登場しているDaisoblogの大倉くんに誘われて、飲み会に行ってきました。かなり前に誘われていたので、結構パツパツな状態でしたが、直行直帰でお酒控えめな感じで参加してきました。ここのところ、前代未聞なヒッキーっぷりなので、よい発散にもなった。
DI(ドリームインキュベータ)の納家(Naya)さんが独立して起業し、いまのうちに優秀な学生に接触しておきたいということで、内輪で開催された飲み会。学生は、適当に声をかけられて集められたんですが、外資コンサルの内定者が多く、中にはGoogleのエンジニアに内定している凄い人も。
当然、かなりのツワモノぞろいなはずだったんですが・・・・、


それ以上に、納家さんが強烈だった(笑)
全部持ってかれましたw


メチャメチャあつい人で、世界を目指す志の高さに、久々に触発された。最近、就活についてのエントリーが多くて、自分的にも内省する時間が多かったので、たまにこう活躍している人を見て、上を見上げる機会も大事だな、と思った。
同時に、元社員の方を囲む&内定者飲み会にも書きましたが、後から続く学生・若者に、ハッタリだろうがなんだろうが、こうやって「凄いオーラ全開の背中」を見せるのは大事だなぁと。おそらくそれは、彼らのためにもなるだけでなく、後々の人生で自分に返ってくるってゆうgive&takeの精神なんだと思う。


納家さんとは、考えていることや考える姿勢に、自分と共通な部分があったり、逆に全く違う部分もあり、新たな気づきもあって、なかなか有意義な会となりました。一緒に起業された元Bebitの鈴木さんや、DIの他の方々とお話できたこともとてもよかった。なにより、飯がうまかったし!
みなさん、ありがとうございました!
もう少し意識的に動いてみよう、と思えた2時間半でした。


納家さんとその会社については、ちょうどインタビュー記事があったので紹介しておきます。

略歴
カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。在学中、love at first sight Inc.を設立。San Franciscoを中心に美容室を展開。その後、株式会社ドリームインキュベータ(DI)に入社。 2007年10月、株式会社LAFSを創業。代表取締役社長に就任。

http://www.venture-mind.com/interview/c4.html

↑こんな方です。

追記

納家さんは、自分で美容室をやっていただけあって、「商売の本質」を既に会得していたように感じた。私が判断しては、語弊があるかもしれないけれど、「商売人」かそうでないか、決定的な違いがあるように思うのです。
日本の優位性を海外に持ち込むのは常套手段。それだけじゃなく、

  • 現地のプロフェッショナルを仲間に加えて、いかにローカライゼーションするか

また、

  • 日本で地盤を固めてからではなく、「とりあえず海外」の考え方。
  • ネットワーク外部性を利用すること
  • 前職はコンサルタントだったので、頭で考えれば考えるほど、やらないほうがいいという結論になるんです。(笑)

などなど、参考になった。
もともと、自分が会社を興すにしても、仕事で出て行くにしても、海外へのハードルはそれほど高くないと漠然と感じていたわけですが、自分の考えの確信を深めることができました。
またゆっくり話しながら飲みたいな〜。