読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ignorant of the world -散在思考-

元外資系戦略コンサルタント / worked for a Global Management Consulting Firm in Tokyo

マッキンゼー式 世界最強の仕事術(イーサン・M・ラジエル)

yo4ma32011-04-07
3冊目は、古典の部類に入ってしまうような読み古された本です。
温故知新というカッコいい話ではなく、単に、車の中で軽く読み終わるレベルの本だったので選んだ本ですが、特に、1,2年目の頃、節目節目には必ず目を通していた本です。
初心に帰る。
いまとなっては当たり前のことばかりですが、コンサルティング・ファームで働くこととはどういうことか?を教えてくれる入門書を本を紹介します。

マッキンゼー式 世界最強の仕事術(イーサン・M・ラジエル)

マッキンゼー式 世界最強の仕事術

マッキンゼー式 世界最強の仕事術

こちらは、先日紹介したイシューからはじめよ(安宅和人)を、より具体的なTipsにまとめた、世界的にも有名な本です。
正直、ちゃんちゃら笑っちゃうような些末な話もありますが、本書が2001年に出版された時代感を踏まえると、当時は非常に先進的な本でした。
本書によって、コンサルティング・ワークとはどういうものなのか、世間的に広く認知されるようになった、

コンサル・ノウハウ本の中でも草分け的存在です。
それ以降に出された本は、ほとんどこの本の焼き直しです。


巷にあふれるコンサル・ノウハウ本の原典にあたりたい方は、本書をどうぞ。


僕自身は、入社前から何度も再読している、読み古した本ですが、いま現在抱える問題意識や、直近のプロジェクトワークで仕事の質を高めるために、日頃意識していた事柄が合っていたかどうか、自分の考え方や行動のチェックリストとして活用しています。
10年以上前に書かれた本ですが、現在でも、コンサルティング・ファームの中での熾烈な競争環境を息抜き、一人前のコンサルタントとして成長するために必要な要素が十分に盛り込まれています。


コンサルティング業界に興味のある方だけでなく、日頃のご自身の仕事に照らし合わせて、生かせる要素があると思います。

  • 海の水を全部沸かすな(猛烈より賢く)
  • キー・ドライバーを探す(核心をつかむ)
  • エレベーター・テスト(三十秒でプレゼン)

などなど。
学生さんに限らず、広くオススメできる良書です。

マッキンゼー式 世界最強の仕事術

マッキンゼー式 世界最強の仕事術

  • こちらは姉妹本です。

マッキンゼー式世界最強の問題解決テクニック

マッキンゼー式世界最強の問題解決テクニック

何度も読み返す本

何度も読み返すということで言えば、僕にはいくつかの教科書があります。
既に本ブログやTwitterで紹介しているものもありますので、今回はコンサルティング・ワークに関連したものだけに絞ってリストだけご紹介。


戦略策定概論―企業戦略立案の理論と実際

戦略策定概論―企業戦略立案の理論と実際


決定版!「ベンチャー起業」実戦教本

決定版!「ベンチャー起業」実戦教本

  • 作者: 大前研一,アタッカーズビジネススクール,織山和久,炭谷俊樹,森本晴久,竹内弘高,小川政信,高橋俊介,千賀秀信,平山達大
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2006/09/27
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 107回
  • この商品を含むブログ (11件) を見る


戦略パワー・プロフェッショナル

戦略パワー・プロフェッショナル


新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術


問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」

問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」


ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」

ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」


ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)


他には、リチャード・ブランソン「ヴァージン流」、中村俊輔「察知力」、トム・ピーターズ「デザイン魂」、波頭亮「プロフェッショナル原論」、ジャグディシュ・N・シース/アンドリュー・ソーベル「選ばれるプロフェッショナル」など、コンサル以外の本が、バイブルとして挙げられますが、詳しくは別の機会に。