読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ignorant of the world -散在思考-

元外資系戦略コンサルタント / worked for a Global Management Consulting Firm in Tokyo

「東大生論」

とあるブログを見ていたら、面白い記事を発見したので少し。

(p.201)
「『東大です』と言うと『へぇ〜』とか感心されるんだけど、でも、やっぱり”頭が固くて勉強しかできないんでしょ”というイメージで見られてるんだろうな、という思いもあって、それを何とか破りたいというのはすごくある。東大生と見られて評価されることは嬉しいんだけど、その評価の裏側にマイナスの評価もあるわけじゃないですか。”そのマイナス評価で私を見ないでくれ”みたいな。人と話をするときでも、勉強以外の面で話を振っておかないと勉強だけの人間と思われる危機感が常にある。」

はてなダイアリー


なんというオレ(笑)
自然とそういう意識が芽生えて、入学当初「一応、東大生です」と無意識で言っていた自分を殴りたい。


その後、それすら面倒になって、逆に堂々と「東大生だぜぃ!文句あっか?」的な態度になり、

聞かれない限り大学名は言わなくなり、

そうこうしているうちに、今度は「東大生っぽくないね!?」や「東大生のイメージ良くなった!」と驚かれるようになった。


正直、どうでもよい。
こうゆう東大生論にはウンザリしているから。



極論言ってしまえば、
東大に入ったのは、その「名前」が欲しかっただけなんだから。
その場で利用価値があると判断したら、利用するし、なければ伏せる。これが普通の反応かと。


そもそも、大学名でいろいろ言われると、

「お前の評価なんてそもそも聞いてないし。評価されたくないわ!」

って、つい思ってしまう。


実は、これが正しい「コントローラー」の反応なのだが、謙虚にならなきゃね。


「コントローラー」という表現の他にもいろいろありますが、詳しくはコーチングの「DISC分析」
http://www.c-japan.co.jp/disc_about.htmlhttp://www.cwo.zaq.ne.jp/coach/type/http://www.jah.ne.jp/~pegira/cgi-bin/coach/coach.htmlhttp://rs125.org/main/archives/ind_06-0308-1126.php
を参照してみてください。
自分はやっぱり「コントローラー」だ。

広告を非表示にする