ignorant of the world -散在思考-

元外資系戦略コンサルタント / worked for a Global Management Consulting Firm in Tokyo

あなたはプロになる覚悟があるか?

いまの会社に転職した直後、友人の元F1レーサーと5年ぶりに再会し飲みに行った。 その時に色々話すなかで、共感しあったことがある。 「結局は、スポーツだろうが、経営だろうが、何か1つのことを突き詰めようと思うと、 アスリートのようなストイックな態度…

何やったかというよりも、血肉と化すプロセスの方が大事。

いや、なかなか面白いお祭りでした。おかげで、仕事が手につかなかったのは秘密。 新入社員は入社半年が経過した。 - Togetter ↑は、汎用性の高いテンプレとして、後世に語り継がれるでしょう。 僕の意見は、軽くtweetしましたが、、、

マネジメント・イシューを当てに行く力

『マネジメント・イシューを当てに行く力』というか、 『外さない力』というのは、 経営陣の下にいる、中間管理職の部課長レベルには、必須の力です。 マネジメント・イシューというのは、『経営陣の最大の関心事項』のことです。 もっと言えば、『社長の頭…

社長との勝負

先週末は、月に1回の社長報告でした。 Facebookの文章を焼き直したいと思います。 今日の社長含め役員報告は大成功!ラストスパートで作り上げたにしては、上出来。 議論がよく盛り上がって、狙い通りの成果もあった。 ただ、よく刺さって、刺さりが良すぎて…

孤独に戦う

情報過多で、創作意欲が減退しています。 だから無理やり書いてみます。思索の時間を作るためにも。 お香と音楽とお酒で、転職以来、初のリラックスモードにします。 4ヶ月間、突っ走りました。 おかげで、仕事の方は、完全に軌道に乗りました。 マネージャ…

答えのない世界で、どう動くか?

事業環境が目まぐるしく変化する中で、経営の舵取りをするのは、大変難しいことです。 特に、インパクトの大きな意思決定であればあるほど、不十分な情報しかないなかで、 経営者の判断力が問われます。 インターネット業界が変化の速い世界であることは、こ…

コンサルファームを辞めて、事業会社に転職しました

さて、FacebookやTwitterでも、広くご報告させていただきましたが、 4月中旬を持って、4年間お世話になったコンサルティングファームを退職し、 インターネットメディア企業に転職いたしました。 既に新天地において、9営業日ほど働き、キャッチアップ期間を…

バリューと仮説思考について(後編)

さて、「バリューと仮説思考について」の後編を書いてみようと思います。 はじめに前編の復習しておきましょうか。前編では、 バリューっていろんな種類があって、誰にとってのバリューなのか?を考えるところからはじめよう その際は、「クライアント・イン…

やる気とファイティングポーズ

コンサルティングファームに入社する人は、良い意味で”手を抜く”ポイントを覚えてゆきます。 人間24時間ぶっ通しで、集中し続け、頭をトップスピードに回し続けることは不可能ですからね。 答えが見えない/答えの出し方がわからない手探りの中でも、 自分が…

バリューと仮説思考について(前編)

先日は、バリューベースで働くことについてエントリーにしました。 エントリーでは、自分なりに「バリューとは何か」について、悩み、答えを見出すことが重要だ、と言いました。 バリューにもいろいろあるんですね。 たとえば、プロジェクトの限られた期間・…

マンガアーカイブ

この記事を読んで、ちょっとイイかも、と思って、試しに作って見た。 ブログでマンガアーカイブを作る方法 - 凹レンズ(旧館) マンガは大学生時代によく読んでいました。 もともとマンガ禁止の教育方針で育ったので、浪人時代に一生懸命に週刊のマンガ雑誌…

インタビューメモを書くこと

普通のプロジェクトでは、一番下のロールの人が大抵担う仕事なんですが、意外とバカにならないくらい重要なタスクです。 インタビューやミーティングは、四六時中開催されるので、なるべく早く、できれば当日中にメモを関係者にシェアして、どんどん検討を前…

戦略の変数/企業の成長ドライバー

コンサルタントがDay1で仮説を作るときには、「戦略の変数」や「成長ドライバー」といった概念を意識しています。 特に、なじみのない業界だと、この変数の見極めが、最初の鍵となります。初日に業界の入門書レベルから、レポート・記事類をざっとインプット…

バリューベースで働く意味

この頃、立て続けにジュニアメンバーと一緒に仕事をする機会があり、いろいろ思うところがありました。 新卒、中途のどちらの方でも、入社半年程度もすれば、だいたいongoingな人と、苦労している人がわかってきます。 これまで数多くの人を見てきましたが、…

プロジェクトの振り返り

あるメーカーさんの基幹ブランドの中期ブランド戦略/マーケティング戦略を練る機会を頂き、そのPJも無事終えることができました。 休暇中につき、心身ともに充電を図っています。 思い返すと、年末年始とクライアントさんの組織でも思いがけない変更や、弊…

グローバル人材:それでも英語を習得したい人へ

少し前になりますが、マイクロソフト日本法人・元社長の成毛眞さんの著書「日本人の9割に英語はいらない」が流行りました。それでいて、例年どおり(?)、年末年始にかけて、各所でweb上で学べる英語教材や英会話スクールに関するエントリーも話題になって…

友達には秘密にしておきたい自炊代行業者

タイトルはホットエントリーメーカーです。深い意味はありません。 違法性が問われている自炊代行業者の問題。はてな村でも、佐藤秀峰氏⇒ハックル氏⇒Dankogai氏⇒佐藤秀峰氏⇒大西宏氏と、5連鎖のフィーバーが起きました。 自炊代行業者とは、書物や雑誌の電子…

2011年の振り返り

昨年は、震災以降、僕の周囲では、結婚や出産が非常に多い年で、なんだかHappyな気分になることができました。 また、公私共に周囲の方々の支え・引き立てによって、実り多き1年となりました。 特に、仕事面で昇進もあり変化の多い年でしたが、1年を通じて、…

2012年の抱負

今年は、5年目の年です。社内では、いち新卒歩兵から、中堅〜要の人間として認識されるようになっています。まぁ、当の昔からなので、いまさら言うまでもないのですが。 とはいえ、これまでの延長気分では、間もなく限界が来ることが目に見えていますので、…

Happy New Year 2012

【謹賀新年】 皆さま、新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。 ひさびさに、新年のエントリーを残したいと思います。 2011年振り返りは、passionate & impressive に。2012年抱負は、calm & simple に書いてみました。 …

Twitterへの投稿をtwtr2src経由でEvernoteへ

この2年間ほど、Twitterのログをはてなダイアリーに貼り付けて自動投稿してきました。 「自分で見返すときに便利」 「ブログに書き起こす時間がないときに、さくっと呟いて、ブログのコンテンツとしてUPしてしまいたい(後で書き起こすかもしれないし!)」 …

他人にやらされてた練習を努力とは言わない

Tweet再編集の第5弾です。 当時は学生と話をする機会が多く、加えて、就活解禁時期にあって様々なニュースを見ていました。 そのときに感じた違和感・課題認識を元に、僕の「想い」をtweetしたものです。熱量を削いで冷静に書き直そうにも、書き直せないよう…

僕の目指すプロジェクトゴール

さて、Tweet再編集の第4弾です。 今回は、2011年07月23日のつぶやきを振り返ります。 僕がプロジェクトで、どこを目標に置いて、クライアントに提言しているのか。抽象論的ですが、言語化したものです。 人に会って話すこと 最近立て続けに、いろんな人とに…

官民連携で推進する「クールジャパン戦略」の本当の姿

01:02 グロービス堀さんの日本のビジョン「100の行動」。19日付の提言は、非常に具体的でわかりやすい。年末年始に一度目を通してみる価値あり。: 22.コミュニケーションとネットワーク・パワー【外務8】 | グロービス代表 堀 義人ブログ http://t.co/4ylMU…

自分だけのアウトプットを生み出すEvernote活用術

Tweet再編集の第3弾。 昨日は、重いエントリーを書いたので、今日は軽めのテーマにしようと思います。 2011年08月28日のつぶやきをベースに、大幅に加筆をして、僕の情報収集〜アウトプットの方法を紹介します。 まず、体制を整える PJ終了後の2011年8月某…

2011年、僕のコンサルティングワーク(長編)

さて、2011年tweetの再編集記事の第2弾。プロジェクトワークに関して、個人的な課題認識をもとに、いろいろ呟いていました。 特に、戦略構築するにあたっての思考過程や頭の使い方について、何の気なく考えていたようです。 こういうのは、僕・個人のディベ…

意思決定の軸

2011年の振り返りをしながら、Evernoteに書き溜めた断片・Twitterの履歴を読み返しています。 ブログに自動postしている1日分tweetの中に、記事になりそうなコンテンツがいくつかありました。 逐一読むのが面倒な人、初めてこのブログを訪れる人向けに、何回…

ウォールストリート投資銀行残酷日記〜サルになれなかった僕たち〜

休暇中の息抜きに、「ウォールストリート投資銀行残酷日記〜サルになれなかった僕たち〜」を読みました。 1990年代半ばにMBAを卒業し、投資銀行に勤め、2〜3年で辞めた著者2人の交換日記形式のノンフィクションです。 ウォールストリート投資銀行残酷日記―サ…

「わからないこと」が「できる」凄さ

先日、移動の車の中で、上司と話をしていたときに、 「わからないこと、が、できる、って、コンサルタントとして必要じゃん?」 と、何気なく彼が言ったひとことが頭にこびり付いています。 そう。活躍しているコンサルタントほど、いつもクライアントの奥深…

こころを動かすマーケティング(魚谷雅彦)

本ブログの過去記事を読んでいて、ここ3年、ほとんどマトモな記事を書いていないことに気づきました。 日々のアイディアや考えは、気軽にTwitterやFacebookにさらけ出すように心がけているので、ぜひともざっと読み流してもらえると、それなりに楽しめると思…