読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ignorant of the world -散在思考-

元外資系戦略コンサルタント / worked for a Global Management Consulting Firm in Tokyo

“ロジックはそえるだけ”

近況とコンサル業界の話など 年末にかけての地方PJから帰還し、東京でのPJが1本終わりました。 気がつけば2月が過ぎ、次に入るPJが待ち構えている状態で、 前回のPJの学びを棚卸ししています。 ブログをサボりがちになっていることをご容赦ください。 地方PJ…

続・「最高にエキサイティング」なアウトプット

「最高にエキサイティング」なアウトプットの続編。 前回の記事では、コンサルティング・ファームにおいて求められる、狂気なまでにこだわり尽くしたアウトプットについて、マトリックスの話などを紹介しながら体験ベースで書いてみた。 今回は、「最高にエ…

2008年を振り返って&2009年の目標

明日から仕事はじめなので、休暇の最終日に、2008年の振り返りと、2009年の目標をエントリに残したいと思います。 2008年を振り返って、 「プロフェッショナルの凄さを体で理解した一年だった」 という一言に尽きる。 「凄さ」と書くだけでは、いろんなイメ…

戦略から「実行」まで、んでもって「経営」学

各コンサルティング・ファームを特徴づける、最たる指標としては、その「サービス範囲」がある。 特に、「戦略から実行まで」のフレーズは、就職活動中に耳にたこができるほど聞く。 しかし、「戦略」立案のイメージは、様々な戦略本や小説にに描かれている…

仮説思考と論点

最近やっと、「仮説思考」と「論点」ってやつを理解できた。 こりゃ、どんだけ本読んでてもわからんよ、学生にわ。 実は、両者には、めちゃめちゃ深いつながりがある。 ここメモφ(・_・”)メモメモ - ・論点とは 相手の意思決定に影響を及ぼす判断項目・仮説と…

解析度

ファクトをとらえる「解析度」の高さが、仕事の質を決める 「エスキモーは雪を示す100種類の名前を持っている」 完成度の高い仕事を生み出す働き方の随所に、あらゆる物事に対する観察力を高め「解析度」を上げるその人独自の工夫が含まれている that's true

「最高にエキサイティング」なアウトプット

コンサルティングファームに入って、まず衝撃的だったこと。 それは、みんな当たり前のように長時間働くことや、話している言葉がわからないことでもなく、 アウトプットに対する徹底的な、執拗なまでのこだわり。 これがプロフェッショナル・ファームをプロ…

言葉を紡ぎ出すこと

(※5/2修正) 前回のエントリーで、「struggleされたい!」と書きましたが、約一ヶ月たったいま、struggleどころか悶絶してます。2週目から期待通り怒とうの研修ラッシュの後、一足先にプロジェクトにアサインされたためです。楽しい!というより、「わから…

入社1週目とコンサル・バイブル。

いよいよ待ちに待ったコンサル生活が始まったわけですが、正直、「始まった」というには程遠く、全然ストレッチされない、のんびりした研修期間です。徐々に社内のシステムや、企業風土、人間関係、コンサル生活の実態などなどわかってきたのは良いのですが…