ignorant of the world -散在思考-

元外資系戦略コンサルタント / worked for a Global Management Consulting Firm in Tokyo

Consulting work / 仕事

バリューベースで働く意味

この頃、立て続けにジュニアメンバーと一緒に仕事をする機会があり、いろいろ思うところがありました。 新卒、中途のどちらの方でも、入社半年程度もすれば、だいたいongoingな人と、苦労している人がわかってきます。 これまで数多くの人を見てきましたが、…

プロジェクトの振り返り

あるメーカーさんの基幹ブランドの中期ブランド戦略/マーケティング戦略を練る機会を頂き、そのPJも無事終えることができました。 休暇中につき、心身ともに充電を図っています。 思い返すと、年末年始とクライアントさんの組織でも思いがけない変更や、弊…

グローバル人材:それでも英語を習得したい人へ

少し前になりますが、マイクロソフト日本法人・元社長の成毛眞さんの著書「日本人の9割に英語はいらない」が流行りました。それでいて、例年どおり(?)、年末年始にかけて、各所でweb上で学べる英語教材や英会話スクールに関するエントリーも話題になって…

他人にやらされてた練習を努力とは言わない

Tweet再編集の第5弾です。 当時は学生と話をする機会が多く、加えて、就活解禁時期にあって様々なニュースを見ていました。 そのときに感じた違和感・課題認識を元に、僕の「想い」をtweetしたものです。熱量を削いで冷静に書き直そうにも、書き直せないよう…

僕の目指すプロジェクトゴール

さて、Tweet再編集の第4弾です。 今回は、2011年07月23日のつぶやきを振り返ります。 僕がプロジェクトで、どこを目標に置いて、クライアントに提言しているのか。抽象論的ですが、言語化したものです。 人に会って話すこと 最近立て続けに、いろんな人とに…

2011年、僕のコンサルティングワーク(長編)

さて、2011年tweetの再編集記事の第2弾。プロジェクトワークに関して、個人的な課題認識をもとに、いろいろ呟いていました。 特に、戦略構築するにあたっての思考過程や頭の使い方について、何の気なく考えていたようです。 こういうのは、僕・個人のディベ…

意思決定の軸

2011年の振り返りをしながら、Evernoteに書き溜めた断片・Twitterの履歴を読み返しています。 ブログに自動postしている1日分tweetの中に、記事になりそうなコンテンツがいくつかありました。 逐一読むのが面倒な人、初めてこのブログを訪れる人向けに、何回…

「わからないこと」が「できる」凄さ

先日、移動の車の中で、上司と話をしていたときに、 「わからないこと、が、できる、って、コンサルタントとして必要じゃん?」 と、何気なく彼が言ったひとことが頭にこびり付いています。 そう。活躍しているコンサルタントほど、いつもクライアントの奥深…

こころを動かすマーケティング(魚谷雅彦)

本ブログの過去記事を読んでいて、ここ3年、ほとんどマトモな記事を書いていないことに気づきました。 日々のアイディアや考えは、気軽にTwitterやFacebookにさらけ出すように心がけているので、ぜひともざっと読み流してもらえると、それなりに楽しめると思…

異質であることの価値

プロジェクトのアサインで油断していたおかげで、 4月半ばから5月末まで、四国のプロジェクトに入っています。 久々の地方常駐で、毎週、月曜朝一番の飛行機で飛んで、金曜夜に戻る生活です。 2年前、大阪のときを思い出します。 地方常駐は楽しいですね。 …

経験は、熱いうちに、言語化せよ

鉄は熱いうちに打て。 同じように、 経験は、熱いうちに、言語化せよ。 これは、驚くほど当てはまる。 僕自身、過去のブログ記事やTwitterの発言を読み返しては、その当時、自分が何を考えていたのか発見して、ハッとすることが多い。 ブログもTwitterも、こ…

界王拳10倍

プロジェクトも終盤、佳境に入ろうかという矢先に今回の大地震が起こりました。 僕自身はmultinationalな状況下に身を置き、日本国、日本人、と大それた事を語る立場にはありません。 ただ、プロフェッショナルとは何か、日々問い続ける中で、この度の地震に…

新聞を読まないのは、単なる怠惰だ

最近、コンサルタントでも、新聞を読まない人は多くいます。 ちょっと記事について話をすると、結構、知らなかったりする。特に、若手コンサルタントに、その傾向が強いように思います。かく言う自分も、「知っていること」よりも「考えること」を重視する性…

優秀なコンサルタントに巡り合う方法

先日の記事、コンサルティング・ファームは「虚業」か?「実業」か? - ignorant of the world -散在思考-で面白いコメントを頂き、そこでのやり取りが皆さんにも参考になるかと思い、エントリーにします。 知り合い登場 コメント欄に、知り合い(leolioさん…

“思考態度”に関する自分ルール

日常で感じる、思考のズレ。みんな自分ルールが違うから生じるのだろう。 個人的には、そういうズレを感じると、物凄くストレッスフルな状態になる。 ルール1:自分の言葉で語ること=カッコいいという価値観 ブログやTwitterで得た知識・見識で、わかった気…

クライアントの方が偉い

弊社のあるパートナーのお話。 「僕がマネージャーの頃、あるPJの最終報告で、意気揚々と、プレゼンしていた。」 「経営陣全員の反応も上々で、アウトプットに対して自信もあって、とても気持良かった。」 「だって、日本で誰もが知っているような大企業の経…

コンサルティング・ファームは「虚業」か?「実業」か?

自分なりの考えをまとめてみようと思います。普段、仕事をしているときは、虚業か、実業か、なんて悩んでいる暇はありません。全力投球で、チーム・バリューを最大化することに邁進しています。 それでいて、本エントリーのきっかけになったのは、昨晩、Twit…

ロジカルに話しても、人は話を聞かない

普段のコンサルティング・ワークの中では、当面のメルクマールとして、インターナルmtgやクライアントmtgを設定し、仕事を進めることが基本です。 自分の担当領域については、基本的にすべてオーナーシップを持って、mtgまでにoutputを完成させてゆくのは当…

“UPorOUT”は本当か?

突然の話になりますが、2年目にして、同期数名が会社を辞めるようです。 「辞めるようです」というのは、まだ本人からの連絡もなく、会社からの正式な公表もないからで、少し水臭いな〜と思っているところです。 これまでも、中途で入社された方が、早々と会…

スライドに魂を込める

コンサルタントにとって、「言葉」が商売道具だ。 極論してしまえば、お客さんに伝わり動いてもらえるのであれば、最終報告で分厚い資料さえいらない。 あるいは、クライアントの相談に乗ったり、日ごろのディスカッションに付き合う中で、相手に示唆を与え…

“ロジックはそえるだけ”

近況とコンサル業界の話など 年末にかけての地方PJから帰還し、東京でのPJが1本終わりました。 気がつけば2月が過ぎ、次に入るPJが待ち構えている状態で、 前回のPJの学びを棚卸ししています。 ブログをサボりがちになっていることをご容赦ください。 地方PJ…

続・「最高にエキサイティング」なアウトプット

「最高にエキサイティング」なアウトプットの続編。 前回の記事では、コンサルティング・ファームにおいて求められる、狂気なまでにこだわり尽くしたアウトプットについて、マトリックスの話などを紹介しながら体験ベースで書いてみた。 今回は、「最高にエ…

2008年を振り返って&2009年の目標

明日から仕事はじめなので、休暇の最終日に、2008年の振り返りと、2009年の目標をエントリに残したいと思います。 2008年を振り返って、 「プロフェッショナルの凄さを体で理解した一年だった」 という一言に尽きる。 「凄さ」と書くだけでは、いろんなイメ…

戦略から「実行」まで、んでもって「経営」学

各コンサルティング・ファームを特徴づける、最たる指標としては、その「サービス範囲」がある。 特に、「戦略から実行まで」のフレーズは、就職活動中に耳にたこができるほど聞く。 しかし、「戦略」立案のイメージは、様々な戦略本や小説にに描かれている…

仮説思考と論点

最近やっと、「仮説思考」と「論点」ってやつを理解できた。 こりゃ、どんだけ本読んでてもわからんよ、学生にわ。 実は、両者には、めちゃめちゃ深いつながりがある。 ここメモφ(・_・”)メモメモ - ・論点とは 相手の意思決定に影響を及ぼす判断項目・仮説と…

解析度

ファクトをとらえる「解析度」の高さが、仕事の質を決める 「エスキモーは雪を示す100種類の名前を持っている」 完成度の高い仕事を生み出す働き方の随所に、あらゆる物事に対する観察力を高め「解析度」を上げるその人独自の工夫が含まれている that's true

「最高にエキサイティング」なアウトプット

コンサルティングファームに入って、まず衝撃的だったこと。 それは、みんな当たり前のように長時間働くことや、話している言葉がわからないことでもなく、 アウトプットに対する徹底的な、執拗なまでのこだわり。 これがプロフェッショナル・ファームをプロ…

言葉を紡ぎ出すこと

(※5/2修正) 前回のエントリーで、「struggleされたい!」と書きましたが、約一ヶ月たったいま、struggleどころか悶絶してます。2週目から期待通り怒とうの研修ラッシュの後、一足先にプロジェクトにアサインされたためです。楽しい!というより、「わから…

入社1週目とコンサル・バイブル。

いよいよ待ちに待ったコンサル生活が始まったわけですが、正直、「始まった」というには程遠く、全然ストレッチされない、のんびりした研修期間です。徐々に社内のシステムや、企業風土、人間関係、コンサル生活の実態などなどわかってきたのは良いのですが…