読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ignorant of the world -散在思考-

元外資系戦略コンサルタント / worked for a Global Management Consulting Firm in Tokyo

2012年度 書籍売り上げランキング ベスト20

昨年、このブログを経由して、Amazonで購入された本の売上冊数ランキングです。 書評アフィでがっぽり稼ごう、なんて大それた野望はないので、 これまでずっと、僕自身が年間数百冊読む中で、気を引いたものだけを気軽に紹介してきました。 結果、お陰さまで…

マンガアーカイブ

この記事を読んで、ちょっとイイかも、と思って、試しに作って見た。 ブログでマンガアーカイブを作る方法 - 凹レンズ(旧館) マンガは大学生時代によく読んでいました。 もともとマンガ禁止の教育方針で育ったので、浪人時代に一生懸命に週刊のマンガ雑誌…

友達には秘密にしておきたい自炊代行業者

タイトルはホットエントリーメーカーです。深い意味はありません。 違法性が問われている自炊代行業者の問題。はてな村でも、佐藤秀峰氏⇒ハックル氏⇒Dankogai氏⇒佐藤秀峰氏⇒大西宏氏と、5連鎖のフィーバーが起きました。 自炊代行業者とは、書物や雑誌の電子…

ウォールストリート投資銀行残酷日記〜サルになれなかった僕たち〜

休暇中の息抜きに、「ウォールストリート投資銀行残酷日記〜サルになれなかった僕たち〜」を読みました。 1990年代半ばにMBAを卒業し、投資銀行に勤め、2〜3年で辞めた著者2人の交換日記形式のノンフィクションです。 ウォールストリート投資銀行残酷日記―サ…

こころを動かすマーケティング(魚谷雅彦)

本ブログの過去記事を読んでいて、ここ3年、ほとんどマトモな記事を書いていないことに気づきました。 日々のアイディアや考えは、気軽にTwitterやFacebookにさらけ出すように心がけているので、ぜひともざっと読み流してもらえると、それなりに楽しめると思…

「戦略は直観に従う」 -Twitter on Sat, May 07

23:36 I favorited a @YouTube video http://youtu.be/jjar7np_wuE?a Taylor Swift - Back to December 23:33 taylorswift さんの YouTube チャンネル(http://www.youtube.com/user/taylorswift?feature=autoshare)を登録リストに追加しました。 16:12 特…

戦略サファリ(ヘンリー・ミンツバーグ)

さて原発記事を途中に挟みましたが、連休中に読んだ本の紹介。4冊目。 ミンツバーグについては、論文集を含め出版された本は一通り読んでいます。 このブログやTwitterでも何度も取り上げている、一番好きな経営学者です。 戦略サファリ(ヘンリー・ミンツバ…

マッキンゼー式 世界最強の仕事術(イーサン・M・ラジエル)

3冊目は、古典の部類に入ってしまうような読み古された本です。 温故知新というカッコいい話ではなく、単に、車の中で軽く読み終わるレベルの本だったので選んだ本ですが、特に、1,2年目の頃、節目節目には必ず目を通していた本です。 初心に帰る。 いまとな…

経営思考の「補助線」(御立尚資)

さて、本日は2冊目。本日は羽田空港から、四国行きの便を待っているところです。 ラウンジでパソコンを開いて、メールチェックがてら記事をアップします。 しばらく平日は、書きためた記事を順次吐き出す形で、更新してゆきたいと思います。 経営思考の「補…

イシューからはじめよ(安宅和人)

この数日、プロジェクト終了後の休暇を頂いておりました。 家族で伊豆旅行に行く、髪の毛を切るなど休みならではのリフレッシュを満喫し、明日からの新PJに向けた気力・体力ともに充実しています。 また、ブログについても、懸案事項だった「デザイン」を思…

経験は、熱いうちに、言語化せよ

鉄は熱いうちに打て。 同じように、 経験は、熱いうちに、言語化せよ。 これは、驚くほど当てはまる。 僕自身、過去のブログ記事やTwitterの発言を読み返しては、その当時、自分が何を考えていたのか発見して、ハッとすることが多い。 ブログもTwitterも、こ…

波頭 亮 '戦略策定概論―企業戦略立案の理論と実際' 、頭の良くなる読書術 - Twitter on Fri, Feb 26

23:56 ポイントは社会や仕事、人生に関する「情報」を、いかにイキイキとリアルに伝えられるかですね。特に地方の中高生で志が高く、能動的に収集したとしてもの情報不足は致命的です。実体験。RT @ysasaki1007: 同意。だがその前に、もっと自分の将来につい…

「戦略的デザインマネジメント―デザインによるブランド価値創造とイノベーション」「「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト」「アリーmy Love セカンド・シーズン DVD-BOX」ほか多数- Twitter on Sun, Jan 31

23:52 [再投]まだ完全に消化できないほど重厚な内容ですが、トムピーターズ「デザイン魂」に匹敵する程の良書。座右の書になる予感。改めて書評を書きたいと思います。'戦略的デザインマネジメント' http://bit.ly/cD7fD6 23:52 [再投]「デザインとは何か?…

実体験を伴う「読書」、「問題発見プロフェッショナル」 - Twitter on Tue, Jan 19

23:59 「問題解決」の前に、「問題発見」が重要なのです。ビジネスのスピード感の中では、あるべき姿と現実のギャップさえ正しく認識できれば、そこからの打ち手は80点で構わない。日本企業のお得意芸です。 23:57 が、MECEやロジックツリー等のテクニック面…

ナシーム・ニコラス・タレブ「まぐれ」を読んで

「ブラックスワン」で有名になった、デリバティブのロングのみをポリシーとするトレーダーのタレブ氏。 その2001年発刊の初著「まぐれ」を読んでの書評を書きたいと思う。 まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか作者: ナシーム・ニコラス・タレブ,…

今日は毛色を変えて、競馬の話でも

昨日の記事でも書いたとおり、何を隠そう、競馬好き、だ。 原体験は、1998年有馬記念のグラスワンダー 復活の勝ち狼煙。 その後のスペシャルウィークとの死闘や、対テイエムオペラオーでの貫録勝ち、年度代表馬を獲れなかったときの悔しさ・・・ あの頃は、…

最近読んだ本

トヨタ経営システムの研究―永続的成長の原理作者: 日野三十四出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2002/06メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (2件) を見る 数あるトヨタ本の中で、もっともトヨタの永続的成長の原理に近づい…

プロジェクト1発目終了

入社して2ヶ月半。一発目のプロジェクト、終了しました。がっつり叱られまくって、がっつり自分の無力さを知って、がっつりこの仕事の厳しさを体感した1発目。 比類ないぐらいメンバーにも恵まれ、クライアントにも恵まれ、「最高のプロジェクト」と評される…

入社1週目とコンサル・バイブル。

いよいよ待ちに待ったコンサル生活が始まったわけですが、正直、「始まった」というには程遠く、全然ストレッチされない、のんびりした研修期間です。徐々に社内のシステムや、企業風土、人間関係、コンサル生活の実態などなどわかってきたのは良いのですが…

「戦略論の原点」Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2007年02月号

今回は、雑誌から。 Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2007年 02月号 [雑誌]作者: 戦略論の原点出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2007/01/10メディア: 雑誌 クリック: 10回この商品を含むブログ (8件) を見る 数ある「Harva…

「ウェブ進化論」と「ウェブ時代をゆく」を読んで

最近は、2日に1回くらい本屋に行っては、本を買いだめしている。そこで、なんとなく手にした「ウェブ時代をゆく」を読むべく、「ウェブ進化論」も再読してみた。ちょっと検索すれば莫大な量の書評がすでに書かれているので、自分が論評するまでもないだろ…

英会話のキャバクラ化について

前のmixi日記で、まとめます。と書いたので、少しまとまりなくツラツラと。 英会話はG○BAに通っていて、 42レッスンを一ヶ月で消化する強行スケジュールも、残り5レッスンほどとなりました。 その間、 元学者の外人、純粋に賢い外人、学校での教務経験ありの…